消費者契約法上の問題 総論 消費者が事業者から商品の購入等をする際に、相手側からだまされたり、畏怖させられたりして不本意ながら契約の締結をしたというトラブルが発生した場合には、従来は民法の詐欺や強迫を理由とする契約の取消・・・