交通事故慰謝料の相場を調べる方法について

交通事故

交通事故の被害に遭ったら、怪我をしたり後遺障害が残ったりして、被害者は大きな精神的苦痛を受けるものです。 加害者に慰謝料請求することができますが、損をしないためには、慰謝料の相場がどのくらいになるのか知っておく必要があり・・・

交通事故慰謝料の正確な計算方法とは?

交通事故

交通事故に遭ったときには、加害者に対して慰謝料請求できますが、慰謝料はどのようにして計算するものかご存知でしょうか? 加害者の保険会社から提示された慰謝料の金額が適正かを判断するためにも、慰謝料の計算方法を理解しておくべ・・・

税理士業務に役立つ顧問契約書などのひな形

税務訴訟

「税理士を守る会」では、税賠を防止することに重点を置いた各種顧問契約書のひな形を利用できます。 正会員になると全25種類以上の書式を利用できます 法人との顧問契約書のひな形 税理士顧問契約書(会計帳簿作成含む) 税理士顧・・・

定期建物賃貸借契約とは?

不動産取引

定期建物賃貸借契約について 「所有地上の所有建物を貸したい、けれども将来的には建物を取り壊して土地を別のことに利用したい。」「所有建物が老朽化したので1年後に修繕する予定があるが、それまで別の人に貸して家賃収入を得たい。・・・

賃貸人として建物明渡しの法的手続

不動産取引

内容証明による催告・解除 借主が賃料を滞納した場合、当該借主に対し、直ちに賃料を支払うよう催告します。 その際、「支払なき場合には契約は解除となり、明渡しを求めて法的措置をとらせていただきます。」と指摘しながら催告します・・・

入居しているビルが競売になったら?

不動産取引

入居しているビルが競売になった場合 入居しているビルが競売になった場合、競売によりビルの買受人になった者に対抗できるか否かで対応が変わってきます。 買受人に対抗できる場合 たとえば、当該ビルにつき設定されていた抵当権の実・・・

原状回復の範囲

不動産取引

原状回復義務とは 賃貸借契約の終了により、入居していた建物を出る際、借主は物件をもとの状態に戻して返還する義務があります。 これを原状回復義務といいます。 もっとも、「もとの状態」といっても、新築同様の状態ということでは・・・

賃料増額・減額請求

不動産取引

話合い 貸主からの賃料増額請求、借主からの賃料減額請求どちらの場合も、まずは話合いによることとなります。 話合いにより合意に至れば、その額が新しい賃料となります。 なお、たとえ合意に至ったとしても、後で反故にされる可能性・・・

ページの先頭へ