訴訟

この記事では、以下の内容について解説しています。


  • 訴訟

債務者との話し合いで解決しないときは、法的手続で解決するしかありません。

最終的には強制執行をすることになりますが、強制執行をするためには、「債務名義」が必要です。

債務名義は、強制執行認諾文言付公正証書、確定した仮執行宣言付支払督促、判決などがあります。

訴訟は、相手が争わなければ1回で終わりますが、債務の内容や金額などを債務者が争ってくると、1年以上かかることもあります。

なるべく訴訟の前に、債務の確認書などの書面を取り付けるなど工夫して、訴訟になった時の争点を減らしておくことが必要です。

訴訟は技術的な側面が大きいので、やはり弁護士に依頼した方がよいでしょう。