交通事故に遭ったとき、被害者1人の力では対応が困難となり、弁護士に相談や依頼をしたいと考えるタイミングがあります。

特に加害者の保険会社との示談交渉が決裂してしまった場合には、損害賠償請求訴訟を起こさなければならないので、弁護士によるサポートが必要となるでしょう。

ただ、具体的にどのようにして弁護士に訴訟を依頼したら良いかわからないという方が非常に多いです。

今回は、交通事故の訴訟を弁護士に依頼する手順をご紹介します。

まずは弁護士を探す

交通事故の訴訟を弁護士に依頼するには、まずは依頼先の弁護士を探す必要があります。

具体的には、以下のような方法があります。

知り合いに紹介してもらう

知り合いに心当たりのある弁護士がいたら、紹介してもらうことができます。

ただ、そのような知り合いがいないことも多いですし、紹介された弁護士が交通事故を得意としているとは限らないという問題があります。

交通事故の訴訟は、法律的知識が必要なことはもちろんですが、怪我の場合などは医学的な知識が必要になりますし。

さらには、自賠責後遺障害認定基準などの専門的知識も必要となりますので、交通事故を得意する弁護士に相談することをおすすめします。

【交通事故の訴訟・裁判 関連記事】
交通事故被害で裁判して損する人・得する人
交通事故の示談を有利にする方法と注意点
交通事故の慰謝料を弁護士に相談すべき理由と裁判について

弁護士会の法律相談や弁護士紹介を利用する

各地の弁護士会では、法律相談や弁護士紹介のサービスを行っています。

そこで、そういったサービスを利用して弁護士とマッチングするのも1つの方法です。

ただ、弁護士会の法律相談や弁護士紹介でも、必ずしも交通事故に強い弁護士を紹介してもらえるとは限らない点が知り合いの紹介と同じく問題です。

自分でインターネットを使って探す

最近では、ネットが発達したために、スマホやPCで簡単に弁護士事務所を検索できるようになっています。

ネットを使って自分で弁護士を探す場合には、交通事故に強い弁護士を探しやすいです。

また、ウェブサイトの詳細なプロフィールや挨拶文、実績を見たりして、自分の依頼したいタイプの弁護士を選ぶことも可能です。

注意しなければならないのは、ウェブサイトは自由に作ることができてしまうので、交通事故が得意でなくても「交通事故が得意」と記載してウェブサイトを作ることができてしまうことです。

そこで、ウェブサイトをよく読んで、交通事故の専門書などを出版しているかどうかなど、その弁護士が「本当に交通事故が得意なのか」を見極めることが重要です。

法律相談の予約をする

依頼したい弁護士が見つかったら、法律相談の予約を入れます。

弁護士に訴訟を依頼するときには、基本的に弁護士と面談する必要があるからです。

ホームページから連絡する場合には、お問い合わせフォームを使ったり法律事務所に直接電話をかけたりすると良いでしょう。

法律相談を受ける

法律相談の予約を取ったら、決まった日時に法律事務所に行き、法律相談を受けます。

法律相談の際には、交通事故の詳しい状況やこれまでの保険会社とのやり取りなどを説明します。

交通事故証明書や今まで保険会社とやり取りを重ねてきた記録など、参考になりそうな資料はすべて持参しましょう。

相談をすると、法律的な観点から、適切なアドバイスを受けられます。疑問点があればまとめて質問をし、問題を解消しておきましょう。

委任契約を締結する

相談の結果、訴訟対応が必要だという結論に至ったら、弁護士と委任契約を締結します。

委任契約とは、依頼者と弁護士との間の契約です。

損害賠償請求訴訟を依頼する場合には、損害賠償請求訴訟の手続きの代理を委任する内容の契約となります。

委任契約をするときには、必ず「委任契約書」を作成します。契約書の本文は弁護士が用意するので、依頼者は通常、署名押印するだけで契約書が完成します。

ここでは、弁護士報酬をよく確認しておきましょう。

「着手金」はかかるのか、「報酬金」はどのような場合に、いくらかかるのかなど、よく確認することが大切です。

また、訴訟を依頼する場合には、訴訟の委任状も必要です。

これについても弁護士が書式を用意するので、署名押印して日付を入れて、弁護士に渡しましょう。

訴訟手続きに取りかかる

委任契約を締結したら、依頼者は弁護士に対し、速やかに着手金と実費を支払います。

手続きを依頼したら、訴訟を起こすための資料集めをします。

弁護士が照会によって資料を取得したり、弁護士から依頼者に対し「〇〇はないですか?」と指示をして、依頼者が必要な資料を用意したりします。

弁護士はその間に訴状を作成し、集めた証拠と一緒に裁判所に提出して相手方を提訴します。

このことにより、弁護士代理による裁判が始まります。

以上が交通事故の訴訟を弁護士に依頼する手順・方法です。今後の参考にしてみてください。