以下の画面をクリックすると視聴いただけます。




みらい総合法律事務所 弁護士プロフィール

谷原 誠 (たにはら まこと)

tanihara.jpg

東京弁護士会所属 弁護士
平成3年 明治大学法学部卒業
平成3年 司法試験合格
平成6年 弁護士登録
平成13年度 東京弁護士会常議員・代議員
平成13年〜平成24年 財団法人日本体操協会理事
平成15年〜 社団法人日本新体操連盟理事
平成20年 税理士登録



【著書】

共著 「90分でわかる 社長が知らないとヤバい労働法」(あさ出版)
共著 「社長、ちょっと待って!!それは労使トラブルになりますよ! 」(万来舎)
共著 「確実な債権回収のやり方と法律知識」(同文館出版)
共著 「社長!個人情報、その取り扱いはキケンです。」(あさ出版)
共著 「交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務」(ぎょうせい)
共著 「交通事故訴訟における 脊髄損傷と損害賠償実務」(ぎょうせい)
共著 「弁護士がきちんと教える交通事故示談と慰謝料増額」(あさ出版)
共著 「交通事故被害者のための損害賠償交渉術」(同文館出版)
単独著書 「人生を思い通りに変える51の質問」(角川書店)
単独著書 「人を動かす質問力」(角川書店)
単独著書 「するどい『質問力』!」(三笠書房)
単独著書 「弁護士が教える 気弱なあなたの交渉術」(日本実業出版社)
単独著書 「『わたしと仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか」(あさ出版)
単独著書 「図解版『わたしと仕事、どっちが大事?』はなぜ間違いか」(あさ出版)
単独著書 「現役弁護士が書いた 思いどおりに他人を動かす交渉・説得の技術」(同文館出版)
単独著書 「これで万全!手形・小切手がわかる本」(ティーアイエス)
単独著書 「他人を意のままにあやつる方法」(KKベストセラーズ)
単独著書 「意のままに人を動かす心理技術」(KKベストセラーズ)
共著 「病院の『医療費回収』マニュアル」(ぱる出版)
単独著書 「ポケット版 弁護士の論理的な決断術」(あさ出版)
単独著書 「図解「やっかいな相手」がいなくなる上手なモノの言い方」(角川書店)
単独著書 「同業の弁護士から「どうしてそんなに仕事ができるの」 と言われる私の5つの仕事術」(中経出版)
単独著書 「自分をコントロールし、相手の心をつかむ技術」
単独著書 「スパッと決める技術」(あさ出版)
単独著書 「交通事故の被害者が知らないと損をする知識」
単独著書 「弁護士が教える!人生を成功に導く質問力」
単独著書 「未来の自分を高める「シンプル仕事術36」」
単独著書 「知識ゼロからのビジネス交渉術」(幻冬舎)
単独著書 「弁護士・谷原誠式「戦略的交渉術」の極意」(宝島社)
単独著書 「弁護士の論理的な会話術」(あさ出版)
共著 「事業再生― 弁護士が教える7つの方法」(パレード)
単独著書 「問題を見抜き、先回りし、手を打つ!」(三笠書房)
単独著書 「事業と資産を守りぬく新信託法活用術―資産防衛のための万能薬」(カナリア書房)
単独著書 「賃貸トラブル 交渉と解決法」(あさ出版)
単独著書 「訴えてやるっ!―たったひとりの裁判奮戦記」(扶桑社 )
単独著書 「図解 するどい「質問力」!」(知的生きかた文庫

【ビデオ】
「不動産取引をめぐるトラブル未然防止法(賃貸仲介・事業用物件編)」(アットホーム)
「消費者契約法」ガイド(アットホーム)
「マンション売買仲介業務 トラブル事例編」(アットホーム)
「交通事故被害者のための損害賠償示談交渉入門」(みらい総合法律事務所)

【テレビ出演】
「報道ステーション」(テレビ朝日)
「FNNスーパーニュース」(フジテレビ)
「ワイドスクランブル」(テレビ朝日)
「噂の東京マガジン」(TBSテレビ)
「NEWS リアルタイム」(日本テレビ)
「噂の東京マガジン」(TBSテレビ)
「おもいっきりDON!」(日本テレビ)
「学べるニュースショー」(テレビ朝日)
「イブニング5」(TBSテレビ)
その他多数

岩寺 剛太(いわでら ごうた)

iwadera

東京弁護士会所属
中央大学 法科大学院 修了

 

 

岩本 健太郎(いわもと けんたろう)

p-about-iwamoto
第一東京弁護士会所属
東京大学法学部卒業

著書・監修
共著「90分でわかる 社長が知らないとヤバい労働法」(あさ出版)
共著「会社法実務解説」(有斐閣)
共著「知的財産法概説[第4版]」(弘文堂)

小林 大貴(こばやし だいき)

p-about-kobayashi

東京弁護士会所属
明治大学法学部卒業

著書・監修
共著「90分でわかる 社長が知らないとヤバい労働法」(あさ出版)

 

正田 光孝(しょうだ みつたか)

p-about-shoda

東京弁護士会所属/一橋大学法学部卒業

著書・監修
共著「90分でわかる 社長が知らないとヤバい労働法」(あさ出版)
「事業再生~弁護士が教える7つの方法」(mag2libro)
「交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務」(ぎょうせい)
「交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務」(ぎょうせい)

西宮英彦(にしみや ひでひこ)

p-about-nishimiya

東京弁護士会所属
慶應義塾大学法学部卒業/法政大学法科大学院卒業
平成11年4月 株式会社住友銀行入社
平成14年3月 株式会社三井住友銀行退社

著書・監修
共著「90分でわかる 社長が知らないとヤバい労働法」(あさ出版)

前田真樹(まえだ まさき)

p-about-maeda

東京弁護士会所属/明治大学法学部卒業

著書・監修
共著「90分でわかる 社長が知らないとヤバい労働法」(あさ出版)
「事業再生~弁護士が教える7つの方法」(mag2libro)
「交通事故訴訟における高次脳機能障害と損害賠償実務」(ぎょうせい)
「交通事故訴訟における脊髄損傷と損害賠償実務」(ぎょうせい)

みらい総合法律事務所の顧問先の業種等

・各種メーカー
・不動産会社
・出版社
・コンピューターソフト関連企業
・IT関連企業
・病院
・人材派遣会社
・税理士事務所
・保険代理店
・クリーニング業
・貿易会社
・飲食店
・ホテル事業
・労働組合
・青果卸会社
・アミューズメント施設
・通信販売会社
・建築設計会社
・不動産賃貸管理会社
・システム会社
・ファンド
・イベント会社
・社団法人
・芸能プロダクション
・映像配信会社
・運送会社

個人の話

弁護士の谷原誠です。

私の個人的な話をしたいと思います。

小さい頃は、いじめられっ子でした。 友達にいじめられ、兄にいじめられました。
祖母は、私に「我慢しろ。我慢できる人間が一番偉いんじゃ」と教えてくれました。
そして、私は「忍耐」を学びました。
父は走るのが好きで、毎日ジョギングをしていました。「たゆまぬ努力」と常々言っていました。母は看護師で、勉強を怠りませんでした。
そして、私は「努力」を学びました。
周りの人達に支えられ、初めて私がいることを感じます。
私がなぜ弁護士になったのか、それは、「法律の力で弱い人を助けたい」という思いからでした。だから、弁護士になった頃、弱きを助け、強きをくじく弁護士になろうと思っていました。

そのため、弁護士会の「子供の人権救済センター」「外国人事件救済センター」「クレジットサラ金相談センター」「消費者相談センター」など、弱者側の弁護を引き受ける相談窓口に多数登録しました。

15年くらい前は、大手サラ金業者も今のように丁寧な対応ではなく、弁護士に対しても「月夜の晩ばかりじゃねえぞ」と言って脅してきたりしました。

10年近く前、ヤミ金が今ほどおとなしくなくて、猛威をふるっていたころも、積極的に依頼を引き受けました。

やくざまがいの取立てが来るので(当時は高利貸しとヤミ金の境界があいまいで、直接取立に来ることもありました)、ストレスはたまりましたが、目の前でおびえている相談者を見て、「自分が断ったら、この人は他に行くところがない。困っている人を助けるのが弁護士じゃないか」という思いから、積極的に引き受けました。

テレビの取材で、「いつもはヤミ金が債務者の自宅に来たりして取り立てられているのを、逆に債務者がヤミ金の事務所を調べ(ヤミ金は自分の住所を明かしません)、債務者の方から乗り込んで交渉する」という企画に協力して、債務者と一緒にヤミ金事務所に乗り込んだりもしました。

ヤミ金の集団にテレビのロケ車を囲まれたこともありました。

その後は警察がヤミ金の検挙に積極的になってきたので、ヤミ金の取立もだいぶおとなしくなりました。また、多くの弁護士がクレジットサラ金問題の処理をやるようになったので、私の方は登録を抹消し、今はほとんどヤミ金の事件は扱いません。

現在では、多くの会社の顧問弁護士として会社の法務問題にアドバイスしたり、大きな会社から依頼を受けて事件処理をしたりしますが、弱者である交通事故の被害者救済にも力を入れています。

いつまでも初心を忘れず、弁護士道を進んで行きたいと思います。

当事務所のモットーは、「more than expected!」です。ご依頼いただいた案件に対し、顧問先の期待を上回る成果を上げるべく、全員が努力致します。
将来の紛争を予防するために、事前に法的な問題点をご相談ください。そして契約書をしっかり結びましょう。仮に紛争になってしまったら、後の処理は私たちにお任せ下さい。
できるだけ貴社が損失を被らないよう対処し、事件を解決致します。
お気軽にお問い合わせください。